「奇跡の歯ブラシ」販売累計500万本を突破して、製作秘話が書籍になった!

販売累計500万本を突破して、製作秘話が本にもなった「奇跡の歯ブラシ」です。
全国の商店で発売されて話題になっているということで気になり、楽天で探してみました。

スポンサーリンク



奇跡の歯ブラシの特徴は?

奇跡の歯ブラシは、ブラシのがピラミッドのような形状で、歯と歯の間にフィットしやすいそうです。外観も特徴できで、磨きやすさにこだわった歯ブラシだとわかります。

なぞるだけではの汚れが落ちるので簡単、磨き残しが少ないのがメリットです。歯並びの悪い人や子供の歯はきちんと磨けていない⇒虫歯になりやすいという問題を解決できそうです。

奇跡の歯ブラシ、メリット・デメリットは

この商品を買うことによるメリットは、歯の裏側もしっかり磨けて、磨き残しがない。力を入れずにそっと軽くこする感じで使うと良いかも。

普通の歯ブラシと違って、持ち方にコツがあります。鉛筆を持って字を書く感覚で使用すると、使いやすいようです。

奇跡歯ブラシ、デメリット

磨き方が悪いのは、出血したり歯茎が切れるようだというレビューもみかけます。思ったより汚れが取れなかった、期待しすぎたという意見も聞かれます。

値段は6本セットで2400円と安いとは言えないですね。1本400円ですから、ドラッグストアの高級歯ブラシと同じくらいか?

奇跡の歯ブラシの口コミや評判・感想は?

楽天のカスタマーレビューを見てみたら、やはり、磨きやすいというのが一番の特徴のようです。ゴシゴシ擦るより、優しくなでるように磨くと良いようなので、子供や高齢者でも安心して歯ブラシできるのでは?

あと、自分もそうだが、つい強くブラッシングしすぎてしまう成人男性にも、力が入らないからいいと思う。

まとめ

中年男性だと歯周病菌が特に気になりますよね。老後にできるだめ、自分の歯で食べられるように、いまから口の中はケアしておきたいです。

歯ブラシ選びは大事だと思うので、試しに一度買ってみようと思います。早く再販開始しないかなー。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする