寝かせ玄米の作り方、冷凍や保存の方法|モチモチふっくら!おいしい食べ方

寝かせ玄米

健康志向の食品が数年前から流行っていますが、皆さんは何かお試しになったことはありますか?スーパーフードという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。

例えば、チアシードやアサイー、ココナッツオイルなどがありますが、日本人に欠かせないものと言えばやっぱり「お米」ですよね。健康食品としてもち麦や黒米、玄米などを食べたことのある方もいるかと思います。

スポンサーリンク



寝かせ玄米の美味しい食べ方レシピ

そこで!今回オススメしたいのが『寝かせ玄米』です。

この寝かせ玄米、最近では女優さんの間でも流行っているそうです。とても簡単に誰でも作れるみたいなので、作り方を紹介していきたいと思います。

まず、下記の材料を用意していただきます。

【材料】

  1. 玄米…3合
  2. 小豆…お好みの量(目安はカップ1/2)
  3. 塩…小さじ一杯
  4. 水…炊飯器の玄米炊きと同量+小豆分(あずきが1/2カップなら水も1/2カップ)

【手順】

  1. まず、玄米と小豆を軽く洗ってごみを取り除き、水を切ります。それを炊飯器の容器に入れて、3号分の水+小豆分の水を加えます。
  2. 1に塩を投入します。泡だて器を使って8分~10分間かき混ぜ続けます。リズムよくシャカシャカと混ぜることによって玄米の中まで水が浸透し柔らかく炊くことが出来ます。

  3. 炊飯器の玄米モードでスイッチをオン!炊けてから30分~1時間ほど蒸らします。

  4. ここから炊飯器の保温機能を使って『寝かせる』段階に入ります。3日間保温し続け、1日に1回しゃもじで天地をひっくり返すように混ぜます。
  5. ※この際、細菌などの発生を防ぐため、しゃもじは洗って乾燥させたものを使用するようにしてくださいね。

  6. 炊きあがりから72時間経ったら完成です!そのまま小分けにして冷凍しても良いですし、さらに熟成させても大丈夫です!
  7. ※ただし、衛生面を考えて2日~3日間以内で食べきるように気をつけましょう。

寝かせ玄米の作り方はこんな感じになっています。そんなに難しい工程はないのでどなたでも簡単に作っていただけるかと思います。

熟成に3日ほど必要です

寝かせ玄米を作るときの注意点ですが、衛生面に気を付ける点はもちろんですが、熟成に数日かかることです。

炊飯器の保温機能を使って3日間も熟成させることになるので、お家のものを使う場合はご家族などの了承を得てから使用することがオススメかと思います!

大量に作って保存するとグッド!寝かせ玄米を冷凍しておくと、時間がなくて料理作れないときとか、食事の準備が楽ちんですよ!

寝かせ玄米の保存方法

先ほども説明させていただいた通り、寝かせ玄米は大量に作っても小分けして冷凍保存することが出来ます。

上手は保存方法としては、1食分ずつ小分けにし、ラップでまとめて冷凍保存するだけなのでとても簡単です。

1食分ずつまとめて置けば一回の食事で必要な分だけ使うことができるので、全部まとめてしまうよりとても便利かと思います。

美味しさを逃がさない保存方法とは?

ご飯の水分が抜けるとパサパサになってしまいます。このパサパサを防いで、おいしさを逃がさず保存する方法をお伝えします。

まず、炊けたご飯を熱いままお茶碗一杯分ラップに包みます。こうすることで解凍したときに寝かせ玄米がふっくらとします。

まだ温かいうちにラップで包むことによってお米自体が持っている水分が蒸発せずに、ラップ内に閉じ込められるかたちになります。これで解凍時にもパサつかずに美味しく召し上がることが出来ます。

解凍は自然解凍がおすすめ

また、解凍する際は電子レンジでの解凍機能でも良いですが、寝かせ玄米の持つ栄養素を考慮して自然解凍で行うこともオススメしています。こちらのほうが熱を加えないので、寝かせ玄米の持つ栄養素をあまり壊さずに取り入れることができるでしょう。

もっと簡単に味わいたいときは

寝かせ玄米が簡単に調理できるのはわかったけど、もっと手軽に食べたい。そんときは通販ショップでもお得なセットが用意されています。

レンジでチンするだけなので、調理も保存もしなくて美味しい玄米が好きなときに食べられます。お試しセットは6種類の玄米が試せるので、自分好みの玄米が見つかるかも。

栄養価が高く、健康志向の人に人気の寝かせ玄米、ぜひ試しに作ってみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする